ZETT

矢野燿大の凄さとキャッチャーミットの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
矢野燿大 キャッチャーミット 

 根強い人気のZETT矢野モデルのキャッチャーミット。現在はカタログから外れ、矢野モデルの市販は無くなってしまいましたが、本人が引退されてからもしばらくは「プロモデル」として販売され続けました。

矢野燿大 キャッチャーミット 

 現在は、オーダーにおいてのみ選択が可能となっていますが、高校生から社会人まで矢野モデルである「112型」ミットは未だに根強い人気があります。

矢野燿大 キャッチャーミット

 そんな大人気の矢野モデルですが、市販モデルと限定モデルが実は若干異なっています。それは①小指芯側の紐の露出本数②ヒンジからウェブにかけての角度です。

 ①小指芯側の紐の露出本数

 画像を見ると、違いが分かります。市販・オーダー仕様のタイプは露出紐が2本です(左側)。逆に本人仕様の限定品は3本です(右側)。これはメーカーZETTが直々に出している限定品のみです。「○○スポーツショップ限定!」などの場合は大概、前者に該当します。矢野燿大元選手ご本人のミットは後者(3本)です。

 ②ヒンジからウェブにかけての角度

 これは正直、画像では分かりにくいかもしれません。端的に言うとウェブからヒンジにかけての角度が、真っ直ぐかどうかです。画像は強調するために、やや極端に黄色い線を引きました。市販・オーダー仕様(左側)は微妙にウェブより右へずれている一方、本人仕様の限定品(右側)は比較的真っ直ぐに近いです。これにも理由があるので、よろしければ、別の記事をご覧ください。


矢野選手の捕球技術の凄さ

 ここからは、矢野選手の捕球技術について。

一点だけで捕球する高い技術

 矢野選手はなんと言っても、常に捕球面の一点(同じポケット位置)でボールを捕球する技術に長けていたそうです。矢野選手が実際に使用したミットは一か所しか捕球跡がないとか。常に一点で捕球できたというのは、ボールに対するミットの角度や、捕球姿勢、ミットとボールとの距離感、手首の使い方など要因はいろいろですが、なにより矢野選手の捕球技術の高さを証明しています。

古田モデルと矢野モデルの関係

 プロ入り当時、キャッチャーとして絶対的な存在として君臨していたのが、ヤクルトスワローズの古田敦也選手です。ZETTのミットを使い、攻守ともに球界トップクラスの活躍をされていました。

 そんな古田選手が使うミットがどんなものかと、矢野選手も古田選手と全く同じ型のミットをZETTへ依頼したそうです。しかし、古田モデルのミットは矢野選手には大きく感じたらしく、古田選手のミットよりも約1cmほど全体を小さくしてもらったとのこと。つまり古田モデルをベースに、小さく仕上げたのが矢野モデルということになります。 

 しかし、1cm小さくしたことによって、型も大きく変化しました。古田モデルは横型、矢野モデルは縦型の典型と言われているほど、そのタイプは正反対です。


矢野燿大元選手の経歴・成績

 

矢野燿大 キャッチャーミット

http://monyomonyochi.blog.so-net.ne.jp/archive/c35375565-3

 個人成績

1990年 ドラフト2位で入団
1991年 8月3日 対阪神戦 ナゴヤ球場にて、7回表に捕手として初出場
1991年 8月26日 対阪神戦 甲子園球場にて、9回表に初安打・初本塁打・初打点(代打2ラン)
1996年 8月11日 対巨人戦 野口茂樹投手とバッテリーを組んでノーヒットノーランを達成
1997年 交換トレードで阪神タイガースへ移籍
1998年 5月26日 対中日戦 川尻哲郎投手とバッテリーを組んで2度目のノーヒットノーランを達成
2003年 ベストナイン / ゴールデングラブ賞を獲得
2004年 4月4日 対巨人戦 東京ドームにて1000試合出場を達成
2004年 全試合出場を達成
2005年 9月15日 対巨人戦 東京ドームにて1000本安打を達成
2005年 盗塁阻止率 自己最高の .434を記録
2005年 日本シリーズで敢闘賞を獲得
2005年 2度目のベストナイン / ゴールデングラブ賞を獲得
2006年 10月4日 対ヤクルト戦 明治神宮球場にて100本塁打を達成
2006年 2年連続3度目のベストナインを獲得
2007年 9月16日 対中日戦 甲子園球場にて1500試合出場を達成
2007年 北京五輪 野球(アジア予選)に日本代表として参加
2008年 北京五輪 野球(世界最終予選)に日本代表として参加
2009年 12月 登録名を本名の「矢野輝弘」から「矢野燿大」に変更
2010年 9月25日 引退

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*