キャッチャーミット

キャッチャーミットの型付け方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、キャッチャーミットの型付けについて述べていきます。型付けの参考になれば幸いです。

キャッチャーミットの2つの型付け

キャッチャーミットには、主に「スタンダードタイプ」と「ボックスタイプ」の2つの型付け方法があります。




スタンダードタイプ

特徴

・まず初めに、「スタンダードタイプ」についてです。一般的に人差し指を2時の方向に向けてミットを構える、「横捕り」「引っかけ捕り」をするキャッチャー向けの型ともいえるでしょう。

いわゆる「横型キャッチャーミット」に適した型です(※画像のミットは縦型キャッチャーミットです)。

画像1

・画像1のA-Bの部分でミットが曲がっており、ミットを閉じた時に二枚板のような状態になるのがスタンダードタイプの型です。

 

ポケットの位置

画像2

・ポケットは画像2の緑の○部分です。ポケットが真ん中より親指寄りにあるのが特徴的です。

甲子園に出場するような高校球児も、こちらのタイプが多いと言われているそうです。

・元ヤクルトスワローズの名捕手古田敦也氏や、現埼玉西武ライオンズの炭谷銀次郎選手のミットなどは、この型のエキスパートでしょう。

二選手のミットは、親指が長く、その分、親指寄りにポケットをつくるスペースが確保されていると考えられます。

ボックスタイプ

特徴

・続いてボックスタイプについてです。人差し指を12時、または1時の方向に向けてミットを構える、「縦捕り」「つかみ捕り」をするキャッチャー向けの型ともいえるでしょう。

こちらは「縦型キャッチャーミット」に適した型です(画像のキャッチャーミットは縦型ミット)。突き指に悩んでいるキャッチャーの多くは、この型を付けることで解消されます。

画像3

・スタンダードタイプの、A-Bの一本軸でミットが曲がっていたのと対照的に、画像3のように、A-B,C-Dと、二本軸で折れ曲がっている型をボックスタイプと言います。

ポケットの位置

画像4

ボックスタイプのポケットは、画像4の緑の○部分になります。

捕球面にある、半円を描いたミシン目の真上(捕球面のど真ん中)に位置するのが、ボックスタイプのポケットの特徴です。

中日ドラゴンズの投手陣を引っ張った谷繁元信氏(前中日ドラゴンズ監督)や、阪神タイガースで2度チームを優勝に導いた矢野燿大氏などが、このポケット位置で捕球をする達人だったと言われています。

型付け方法

折り目を付ける

・折り紙を折るように、スタンダードタイプするには画像1のA-Bの赤線を、ボックスタイプにするには画像3のA-BとC-Dの赤線を何度も折り、折り目をつけます。

何千、何万も折り目をつけます。何千回と聞くと、大げさに聞こえますが、仮に一日100回折り目をつけることを、10日も行なえば、それで1000回になります。

そんなに大変でもありません。TVを見ながらでも行えます(自分にとって使いやすいミットを作るために頑張ってください!)。

ポケットを作る

画像2の緑の○部分にポケットを作ります。

「ポケットを作る」とは、木槌やパンチャーでポケットにしたい部分の捕球面を叩くことももちろんですが、捕球する(ボールをミット内に収められるように)スペースを作るということであると筆者は考えます。

そのために、ローリングをしたり、保形バンドを活用して、ミット自体に「捕球スペース」を記憶させましょう。特にスタンダードタイプのミットは、二枚板のように(悪く言うと、ポケットがペチャンコに)なりやすいのでポケットを作る作業は重要です。

ボックスタイプを作りたい方へ

画像5

・ボックスタイプに仕上げたい方は、画像5の青い斜線部分を揉みほぐしましょう。

画像5の青い斜線部分を揉みほぐすことによって、ミットが非常ににぎりやすくなります(指の感覚が伝わりやすくなります)。これは、人の手を例に考えるとわかりやすいです。画像6をご覧ください。

画像6

・親指と小指を近づけようとする時、曲げやすいように手のひらにしわが寄っています。

画像5の青い斜線部分を揉みほぐすというのは、画像6の、手のひらの、「しわ」を作り出すようなものなのです。




まとめ

・いかがだったでしょうか?キャッチャーミットの型付けには、「スタンダードタイプ」と「ボックスタイプ」の2種類あるとされています。

どちらの型がふさわしいかは、選手自身の好みや、その選手が使っているミットの特徴によって変わってきます。

プレーのパフォーマンスが上がるよう、自分に合った型付けで、大切なミットを仕上げてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*