ハタケヤマ

ハタケヤマのファーストミットをオススメする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーストミット おすすめ

 今回はハタケヤマをファーストミットのおすすめメーカーとして取り上げます。

 キャッチャーミットでお馴染みのメーカーですが、なぜファーストミットでもオススメしたいのか、理由を3つに絞って述べていきます。

ファーストというポジション

 

 

ファーストミット おすすめ 参照:https://goo.gl/HfEfVz

 ファーストは内野からの強いさまざまな送球を捕らなければなりません。

 間違いなくキャッチャーミットの次に耐久性が求められるのがファーストミットです。

 一方で、自分もゴロを処理したり、連係プレーに加わったりすることから、操作性もファーストミットには必要です。





理由① 和牛レザーを使用

ファーストミット おすすめ

 まず何と言っても素材です。

 ハタケヤマは、キャッチャーミットだけではなく、ファーストミット(硬式)も和牛レザーを使用しています。

 グラブやミットで「ステアハイド」や「キップレザー」を使用しているメーカーはたくさんありますが、標準で和牛レザーを使用しているメーカーはなかなかいません。

 それだけ入手が困難でもあるからです。しかしハタケヤマの硬式シリーズは全シリーズで和牛レザーを使用しています。

 和牛レザーは表面に傷が多かったりしますが、革1枚からできる製品が少なく、それだけ貴重です。また、きめが細かく耐久性に優れ、いったん手に馴染むと型崩れしにくいのが特徴です。

理由② 豊富な機能とデザイン

 ハタケヤマは、自社のオリジナル機能とデザインだけでも17の特徴があります。

 ただ良い革で製品を作っているだけではありません。

 そこには職人さんの想いと、使う選手のことを考えたこだわりがあります。

 ファーストミットだけでも、タイフィックスやボースヒールなどのオリジナル機能を搭載しているモデルがあります。

 シリーズごと、ポジションごとに細かく機能を使い分けているメーカーもなかなかないです。

ファーストミット おすすめ

https://goo.gl/z6NEAs

参照:https://goo.gl/z6NEAs

理由③ 軽さ

  軽い。これは2つの意味で注意が必要です。

 1つは「操作性」に直結してくること。2つ目はただ軽いとは限らないということです。

 特に2つ目、具体的にどういう意味かと言いますと、ミットそのものの重さが他社メーカーより軽いとは限らないということです。

 量りに載せれば、ハタケヤマのミットより軽いミットを出しているメーカーがあるはずです。

 しかし、重心や手にはめた時の感覚を考えて設計してあることによって、大きいモデルのミットでも「軽く感じられる」というのがハタケヤマのファーストミットの特徴です。





ハタケヤマの硬さ

  ここまで、ハタケヤマのファーストミットをおすすめするにあたって、メリットばかり述べてきましたが、硬さは要注意です。

 とにかく硬いです。

 もちろんミットは革でできているので、個体差はありますが基本的にはとても硬いです。

 硬い分長持ちはしますが、型付けは人によって難しかったりもします。せっかく良いミットを購入しても、型付けに失敗すると、とても惜しいです。

 大切な道具だからこそ、型付けも大切にやりたいですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*