グラブ

野球のグラブはどこで買うべき?大型ショップで買ってはいけないってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球 グラブ どこで買う

よく野球部員の間では、「大型ショップでは、グラブは買わない方が良い」、といった声が聞こえたりします。グラブをどこで買うか、と迷う人もいるかと思いますが、正直、グラブの購入に関してはそのお店に置かれているグラブが、どんな状態であるかが重要になります。

ですので、「どこで購入するか」自体は問題ではないと思うし、大型ショップで購入するのも間違いではないと、筆者は考えます。

しかし、どこで購入するかによって、それぞれにメリット・デメリットは存在すると思います。今回はそこに注目していきたいと思います。




大型ショップで購入する

メリット:時期によっては割引の幅が大きい場合がある

大型ショップでグラブを購入するメリットは、時期によってですが、グラブがセール対象になっており、定価よりも大きく値引きされた状態でグラブを購入できることが挙げられます。

デメリット:より専門的なメーカーのグラブは手に入りにくい

大型ショップは、野球用品だけでなく、ランニングやバスケ、サッカー用品等、他のスポーツ用品も取り扱っているため、野球専門メーカーのグラブが置かれていないケースが多いです。従って買うことができるメーカーが大手メーカーなどに限られてきてしまいがちです。

また、店頭に置かれているグラブは、 小さい子どもから、大人まで、多くの人がはめたりする場合が多く、品質管理が一般的には良くない場合が多いです。しかし、売れる数もやはり多いので、新しいグラブが次々と入荷したりもするので、入荷後直後のグラブは品質が良い状態で、店頭に並んでいます。そういったグラブや、棚の奥に眠っているグラブなどは大型ショップでも狙い目です。

大型ショップの特徴
【割引】    〇
【品揃え】 △
【品質】    △

野球専門ショップで購入する

メリット:ニッチなメーカーを取り扱っているケースが多い

野球専門ショップでグラブを購入するメリットは、グラブ・ミットに詳しい店員さんがいることと、大型ショップでは購入できないような野球専門メーカーのグラブが手に入ることが挙げられます。プロ野球選手が好んで使うメーカーなどは、なかなか大型ショップでは手に入らないので、やはり野球専門ショップへ足を運ぶ価値は大きいです。

また、型付け加工なども、グラブに詳しい店員さんが行なってくれるのでオススメです。

デメリット:値引きが少ない

グラブ・ミットに詳しい店員さんがいたり、大型ショップでは手に入らないメーカーを取り扱っている専門ショップですが、半面、大幅な値引きが成されないことが多いです。特にお店の規模が小さいほど、大幅な値引きがされているケースは少ないです。

また、長年売れずに、棚に置き続けられているグラブは、色あせているケースもあります。専門ショップは多くのグラブの在庫を抱えるため、何年も売れずに棚に残っているケースもあり、そうしたグラブは、例えば赤いグラブがピンク色になってしまっていたりするので、色あせていないかなど、購入前には確認されることをオススメします。

専門ショップの特徴
【割引】 △
【品揃え】◎
【品質】 〇




ネットショップで購入する

メリット:ショップにもよるが、ほぼ無菌状態で手に入れることができる。

ネットショップでグラブを買う最大のメリットは、①色落ちしていない、②他の人が誰も触っていない状態で手に入れることができる点です。また、スマートフォンやパソコンがあれば、時間・場所にとらわれず、どこでも商品を購入することができます。但し、ネットショップと店頭販売の両方をやっているショップの場合、モノによっては店頭で他のお客様が手にはめたグラブが自分のところに届く場合もあります。

デメリット:①実際に手にはめることができない。②購入したグラブが本当に自分に合うかどうかは届いてからでないと確認できない。

ネットショップでグラブを購入するデメリットは、商品が届くまで、実際にグラブを手にはめることができないことです。どんなグラブ・ミットであっても使い込めばそれなりに自分の手にフィットするものですが、どうしても自分に合わない、イメージしていたサイズ感と実際のサイズ感が違っていた、といった場合、実店舗などで購入するよりも返品などで手間がかかります。場合によっては、返品時の送料も購入者側が負担しなければならなかったりするので注意が必要です。

また注文してから、実際に商品が届くまで、タイムラグが発生してしまう点もデメリットの1つです。

ネットショップの特徴
【割引】 〇
【品揃え】◎
【品質】 ◎

ネットのフリマショップで購入する

メリット

できるだけ安くグラブを購入したい!そんな方におすすめしたいのは、メルカリやラクマなどのフリマショップでグラブを買う方法です。モノによっては、ほぼ未使用なのに、お店では絶対にありえないような価格で手に入れられることがあります。また、個人と個人の取引なので、値引き交渉を出品者へ持ちかけることも可能です。

デメリット

フリマショップでグラブを買うデメリットは、情報の不正確さが挙げられます。例えば「新品未使用です!」と説明されたグラブ・ミットであっても、実はグラブ・ミット本体にオイルが塗られていたり、ボールを捕球した跡が残っているものがあったりします。安く買える分、リスクも大きいので、画像でしっかり確認したり、不安な点は、必ず購入前に出品者様へ質問をしてみましょう。

フリマショップの特徴
【割引】  ◎
【品揃え】 △
【品質】  ?




まとめ

今回は野球のグラブをどこで買うかについて、それぞれのメリット・デメリットを考えてきました。大型スポーツショップ、野球専門ショップ、ネットショップ、フリマショップなど、どこでグラブを買っても、それぞれメリット・デメリットが存在します。できるだけ安く購入したいのか、実際に手にはめてから購入したいのか、店員さんのアドバイスを聞きながら購入したいのかなどによって、どこで買うのがベストかが変わってきます。自分が一番重視したい点に沿って、買う場所を選びましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*