ザナックス

ザナックスを使用しているプロ野球選手をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ザナックスのグラブを中心とした野球用品を使用している、日本のプロ野球選手をまとめてみました。選手の数が少なそうだったり、ピッチャーに多いイメージのあるザナックスですが、実際はどうなのでしょうか…

ザナックス

 国内卸売業を中心としたスポーツ総合商社。
ミズノやアシックスが、野球以外の製品も扱っているように(バレーとか陸上とか)
ザナックスも、サッカーや、スキー、フィットネス用品などにも力を入れている会社です。

その中の野球分野としてザナックスベースボールが存在します。

ザナックス プロ野球選手 




2017年アドバイザリースタッフ

 2017年に、ザナックスとアドバイザリースタッフ契約を交わしたプロ野球選手は、投手が5人、野手が2人の計7人です。

藤川球児選手

ザナックス プロ野球 

 「火の玉ストレート」でおなじみ、阪神タイガースの藤川選手です。メジャーリーガーとして海も渡られてもザナックスのグローブを使用されていました。日本球界復帰1年目の昨年は今一つでしたが、今シーズンは昔のような活躍を期待したいですね。

谷元圭介選手

 

 昨年の優勝にも大きく貢献した、北海道日本ハムファイターズの谷元圭介選手です。2014年から3年連続50試合以上に登板、ドラフト7位で指名されながらも中継ぎのエースとして大車輪の活躍をしています。

山口俊選手

 横浜DeNAベイスターズで抑えと先発投手として活躍した山口俊投手。昨シーズンオフにベイスターズからジャイアンツへのFA移籍でメディアの注目も集めました。2005年のドラフト1位投手でもあります。


林昌範選手

 こちらも横浜DeNAベイスターズ所属の林昌範選手。身長186cm、体重80kgの恵まれた体格から、角度をつけて投げるボールが持ち味。主に中継ぎとして3球団を渡り歩きプロ13年で99ホールドを記録。2015年に左肘の手術を行なった影響からか、昨シーズンは登板がありません。

松田遼馬選手

 プロ6年目、阪神タイガーズ所属の松田遼馬選手。主にグローブでザナックスの製品を使用されています。2016シーズンは主に中継ぎとして22試合に登板し、防御率がなんと1.00でした。長崎県立波佐見(はさみ)高等学校出身のドラフト5位投手です。

松山竜平選手

 2016年シーズン、リーグ優勝に沸いた広島東洋カープ所属の松山竜平選手。ポジションは外野手。高い得点圏打率で勝負強いバッティングが魅力。バットもグローブもザナックスの製品を使用されています。昨シーズンはキャリアで2番目に多い103試合に出場。

 杉山翔大選手

 

中日ドラゴンズ所属の杉山翔大選手。ポジションはキャッチャー。キャッチャーミットから防具までザナックスを使用されているようです。2016シーズンは103試合に出場し、打率も.260をマーク。今年は大活躍の予感!?

ザナックス プロ野球

 7人もいるんだ、と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これは正式な契約をされた選手の数に過ぎないので、例えば練習用に自分でザナックスのグローブを購入して使われている選手なども合わせると、実際はもっと多いことが予想されます。


過去の有名の契約選手

 現在は引退されたプロ野球選手にも、ザナックスの道具を使われていた選手がいました。以下、有名な選手を挙げてみました。

福地寿樹外野手

ザナックス プロ野球

 通算251盗塁の記録を誇る俊足巧打の外野手でした。プロ入り直後のウェスタンリーグ時代は4年連続で盗塁王に輝いたとか。主にスパイク以外のバット、手袋、グローブでザナックスの製品を使用されていました。

上原浩治投手

ザナックス プロ野球

 いまだ現役のメジャーリーガーであり、シカゴ・カブスで活躍中!(引退した選手と一緒にご紹介してスミマセン)。現在はナイキのグローブを使用されていますが、巨人時代前半はザナックスのグローブを使用。第1回WBCでバッテリーを組んだ里崎元選手曰く、「今まで受けた中で一番良いボールが上原選手のボールだった」とのこと。

緒方孝市外野手

ザナックス プロ野球

 現広島東洋カープの監督を勤められている、本当にカープ一筋、緒方孝市元選手です。本人仕様の外野手用グローブはとても大きいのが特徴でした。監督となった現在でも、ザナックスのノックバットを使用されているそうです。

和田豊内野手

ザナックス プロ野球

 2011年末から2015年まで、阪神タイガースで監督を歴任。選手としてもタイガース一筋で、巧打の内野手として活躍。グローブは定かではないですが、現役時代は、少なくともバットとバッティング手袋はザナックスの製品を使用されていたことが確認されています。

駒田徳広内野手

ザナックス プロ野球

 主にバットでザナックスの製品を使用。左投げ左打ちの、大型一塁手として活躍。巨人と横浜で活躍され、2000試合出場、2000本安打を達成されました。他の選手に比べて短く太いバットを使用されていたとか。引退後のTV出演も多く、俳優業などもこなされているようです。




まとめ

 以上、ザナックスと契約している(していた)プロ野球選手たちでした。ザナックスのグローブ、スパイク・バットなどの購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*