ハタケヤマ

ハタケヤマの特徴的なオリジナル機能をまとめてみた その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハタケヤマ 機能 特徴

 グラブ・ミットにたくさんのオリジナル機能を詰め込んだハタケヤマの特徴をご紹介します。

 この記事は、前回のハタケヤマの特徴的なオリジナル機能をまとめてみたの続きになります。

ボースヒール

ボースヒール

 ヒールの編み方一つでも、グラブの性質は大きく変わります。通常編みをすると、小指が外側へ広がりやすくなります。逆編みは親指が外側へ広がりやすくなります。ハタケヤマが考案した「ボースヒール」はヒール中央部で網目をクロスさせる事により、親指・小指共に外側に広がりやすくなります。これによりグラブの間口が広がり、打球が入りやすくなります。逆シングル等、様々な捕球動作に対応します。

→「開きやすくて、閉じやすい」でお馴染みな機能です。

アンクブロック

ハタケヤマ 機能 特徴

 ”アンクブロック”とは、捕球の際ボールを止める役割を果たす当社独自のヒールの形。それは、ヒール部分に切り込みを入れ、革を起こして角度をつける作りで、逃げやすかったボールに対して捕球力を高める機能です。

→アンクとは、現阪神タイガース監督の金本知憲氏の愛称である「兄貴」の"A n i k i" が語源です。

金本監督が、発案された機能だとか。現場の意見を取り入れるメーカーという印象を受けますね。 

指マーク

ハタケヤマ 特徴 機能

 ボールを捕球する際、ポジションやプレイヤーによって使う指は異なります。 <親指>と<小指や薬指>を使って、確実に、深くボールを捕る場合。

<親指>と<人差し指や中指>を使って、次の送球の為に、早くボールを捕る場合。ハタケヤマのグラブは、そんなプレイヤーに対応できる、各指を動かしやすい設計で、より素手感覚に近い捕球感を実現させました。

→カタログなどを見ると、各定番グラブごとに、ポイントとなる指がマークされています。このマークを見れば、自分のプレーに合わせてグラブを選べそうです。




オークトロン

ハタケヤマ 特徴 機能

 強烈な打球があなたを襲う、その瞬間、あなたの親指はきっと外側を向いているはずです。そこでグラブに、OHCTRONのシステムを採用。グラブの親指を外側に向けた状態にしました。これならワンハンドキャッチも楽々。逆シングルにも強く、一歩攻め込んだ守備も可能にし、あなたのキャッチングゾーンが広がるでしょう。

キャッチングを楽にし、掴んだボールはこぼれにくく、激しいクロスプレーにも負けず、しかもスムーズな送球動作に入れます。OHCTRONが可能にしたあなたにうってつけのグラブです。

→手は本来、パーにした時は親指が大きく反ります。

この元々の指の形をグラブに反映させた機能がズバリ、OHCTRONです。オーダーでも選択可能です。

 EX(人差し指の擦れを防ぐ)

ハタケヤマ 特徴 機能

 捕球の際、人差し指にはヘリ革部分のストレスがどうしてもかかってしまいます。 そこで、ハタケヤマは独自のパターンの革を一枚挟む事により、ストレスを軽減する事が可能になりました。 (新PBWシリーズキャッチャーミット、新THシリーズキャッチャーミット288VA、288BA、288YAに採用)

→2017年の新機能です。ヘリ革の人差し指部分が傷まないように工夫されています。

指を出す人にも出さない人にも嬉しい機能です。

ピンキーパターン

ハタケヤマ 特徴 機能

 従来の構造では手入れ口の小指側に負担がかかり、破れてしまう事がありました。そこで、ハタケヤマは独自のパターンを採用。ヘリ革部分を伸ばし、スリットを入れる事により、従来よりも耐久性がアップ。また、紐を緩める事により、手入れ部分の大きさの調整も可能になりました。(新PBWシリーズキャッチャーミット、新THシリーズキャッチャーミットに採用)

→手口部分が破れるのを防ぐ機能です。また、ベルトタイプのように手口サイズを変更することもできる優れもの

。玉澤からも、製品によっては同じような機能が出されています。

硬さ

ハタケヤマ 特徴 機能

 「ハタケヤマの革は硬い」よく聞くフレーズですが、それはベストな状態で最大限に長く使用できるようにするためです。硬い革は、使い良く慣らすまでに時間が掛かります。しかし、一度使い慣らせばベストコンディションで長い期間使っていただけます。修理前が一番使いやすかった、そんな経験ありませんか?ハタケヤマはその状態で長く使っていただきたい、という思いから硬くしっかりとした革にこだわっています。

→ハタケヤマの硬式グラブ・ミットは、ものにもよりますが本当に硬いです笑。

しかし、その硬さすら、こだわりであることがわかりますね。

刻印(捕球面)

ハタケヤマ 特徴 機能

 ハタケヤマの硬式シリーズには、造り手の思いを込めた漢字の刻印を使用しています。axには柔軟性を意図する「遊(ゆう)=遊び心」、PBWには平常心を表す「和心(わごころ)」、Vには思いやりの「悳(とく)」、Kには広がりを感じさせる「悠(ゆう)」という漢字を用い、その一部や意味合いに「心」を込めています。野球を愛する「心」、野球を通じて人を思う「心」、そして道具を大切にする「心」。

心を込めて造り出すグラブ・ミットだからこそ、使うプレイヤーにも心を込めて使って欲しい、そんな思いを込めています。またオーダーシリーズには、全てオーダー専用の「心」の刻印が入ります。これはオーダーされたグラブ・ミットに必ず刻まれるもので、プロの注文にもアマチュアの注文にも、軟式も硬式も関係なく、プレイヤーそれぞれのご要望にハタケヤマがひとつひとつ「心」を込めて応えている証です。

→刻印がシリーズごとに異なるというのは珍しいです。

また、プロ選手と同じ「心」刻印をオーダーで選べるのも魅力的です。

TB刻印

ラベル ハタケヤマ

 炎をかたどった、ハタケヤマのシンボルデザインです。

→ハタケヤマのラベルの下地に入っている刻印です。オーダーでも選択可能です。




まとめ

 いかがでしたか?2回に渡って、ハタケヤマの特徴的なオリジナル機能をご紹介してきました。

ハタケヤマがどんなメーカーなのか、参考にして頂ければ幸いです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*